おすすめ記事

スポンサードリンク

カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

アクセスカウンター(PCのみ)




※スマホ込み(クリックで拡大)

漫画家・イラストレーター

1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/08(土)10:33:19 ID:5M5

デザイナー.png


社内でやってるけど給料低すぎ。
ほかの仕事請け負いたいわ。

続きを見る


1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2015/10/10(土) 21:00:05.61 ID:uHKlXrd6010

OOK92_tatakausarari-man20131223500-thumb-750x500-4015.jpg


なお、ネームの描き方すらわからないただのド素人の模様

続きを見る


1: @TwilightSparkle ★ 2015/04/28(火) 06:13:44.86 ID:dyE1SMjc.net

アニメ制作者.jpg


4月28日 5時03分

海外でも評価が高い、日本のアニメーションの若手の制作者は、1日の労働時間が長時間にわたる一方で、平均年収は110万円余りと厳しい労働環境に置かれていることが、文化庁の委託で行われた大規模な実態調査で分かりました。この調査は、優れた作品を数多く輩出し、海外でも評価が高い、日本のアニメーションの制作者の実情を把握しようと、文化庁が業界団体に委託して行い、759人から回答を得ました。

それによりますと、制作者の1日の労働時間は平均で11時間と、拘束時間が長いことが分かりました。その一方で、20代の若手が多い動画を担当する制作者は、平均年収が110万円余りとほかの産業に比べて極めて低い水準にとどまっています。

これは、人件費が安いアジア各国との競争が激しいことや、動画の制作者の多くが1枚数百円という契約で仕事を請け負っていることが要因とみられています。

調査を行った「日本アニメーター・演出協会」副代表のヤマサキオサムさんは「特に若手の労働環境が厳しいことが分かった。後に続くアニメーターが育たないと産業自体が立ちゆかなくなるおそれがある」と話しています。

団体は29日、調査結果を公表するとともに、今後、シンポジウムなどを開いて、若手のアニメ制作者の労働環境の改善を訴えることにしています。

(記事の続きや関連情報はリンク先で)
引用元:NHKニュース http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150428/k10010063221000.html

続きを見る

人気記事

アクセスランキング