おすすめ記事

スポンサードリンク

Amazon








カテゴリー別アーカイブ

月別アーカイブ

アクセスカウンター(PCのみ)




※スマホ込み(クリックで拡大)

アンテナ&まとめブログ リンク集


日本・日本人

1: 海江田三郎 ★ 2016/02/04(木) 09:46:51.47 ID:CAP_USER.net

ニート.jpg


http://toyokeizai.net/articles/-/100455
頑張れず、傷つきやすい現代の若者たちは、日本の文化風土を無視したエセ欧米流の「褒めて育てる思想」の産物であるという。
自著『ほめると子どもはダメになる』でこうした現実を指摘した臨床心理学者で、MP人間科学研究所代表の榎本博明氏に、詳細を聞いた。

──どうして若者の「生きる力」が衰えてしまったのですか。
褒められるのが当たり前になって育った。きついことは言われない。
それは欧米流の「褒めて育てる」を歪んだ形で導入したからだ。暗黙の関係性や一体感で動く日本とは彼我の差が大きい。
親子関係や夫婦関係に端的に表れている。

──暗黙?

たとえば身近な例で、食べ物の好き嫌いが激しい子どもに食べるようにどう促すか。まず「食べなさい」と命じるのは共に同じ。
それで食べないと、米国の親だったら、だんだん語調を強めて「食べなさい!」と強硬に出る。ところが日本人の親は、
お願い調に転じる。「食べてちょうだい」「お願いだから食べて」という具合。さらには「今日食べなくても、明日は食べるよね」と
譲歩していく。それでも食べないと「もういい」と最後通牒だ。
米国の学者に言わせると、上の立場の親がお願いをするのが、日本ではなぜ説得の言葉表現になるのか、と不思議がられる。
「もういい」は心理的な一体感や関係性が壊れるよ、という暗黙の脅しなのだ。

──米国ではつねに言葉でストレートに表現すると……。
すべて言葉とスキンシップでのコミュニケーション。欧米では子は親とは別の個人として厳しく育てられながら、
褒めていいところは褒める。夫婦はのべつ「あなたすてきよ、愛している」などと言い合う。日本では考えられないが、
欧米人はそれを言わないと愛情を感じられない。日本人には心理的な一体感が形成されているので言葉なしでも通じる。
その文化の根底の違いが加わって「褒めて育てる」はさまざまな歪みを引き起こす。

──「褒めて育てる」が推奨されて、20年を超えます。
1990年代から推奨されて、それと並行して、学校教育でも新学力観が適用された。それまでの競争による知識偏重をやめて
授業中の態度や関心で成績を決める方向だ。テスト結果のトップクラスの子が5段階評価の5ではなくて4になり、
テストはトップクラスでなくとも、たとえば先生に頻繁に質問する子は5になる。これが文部科学省の基準に照らせば正しい。
結果がすべてとすると、知識偏重の競争社会が深まってしまう。それを防止するために勉強のプロセスを評価するというわけだ。

国際比較で日本人の学力が低迷しているのは確かなのだが、褒めて育て、成績では厳しく競わせない。
そういう風潮で育った今の親世代がまた子育てをするサイクルに至った。もはや褒めて育てるという思想は打ち砕きにくい厚い壁になった。

──厚い壁?
態度や関心でのプロセスを評価するとなると、ついつい自分に対していい態度を取る人に対して評価を高くしてしまう
日本人はとかく関係性で動くから、大人の社会の人事評価自体もうまくいっていないが、それが学校にまで持ち込まれた。
グローバル化が進む中で、せめて学校では実力主義でやるべきだと思うのだが。
褒められるのが当たり前になる子どもたち

──そこまで浸透したのですね。
調査の結果、年代で全然違う。若い人だと70%ぐらいが父親や母親によく褒められている。中年以上には、
逆に父親は厳しかったという人が多い。文化がはっきり変わってきたのだ。無言のうちに一体感があって、
はっきり言われなくても親の愛情は感じる文化から、厳しさ抜きの“エセ欧米流”が取り入れられて褒めまくる。
子育て書にも子どもを褒めまくれば伸びる、そんなようなことがいっぱい書かれている。

続きを見る


1: 海江田三郎 ★ 2016/01/20(水) 09:41:25.16 ID:CAP_USER.net

green_google220141024215219-thumb-1000xauto-17687.jpg


http://www.bloomberg.co.jp/news/123-O17K4CSYF01T01.html

  (ブルームバーグ):ジェームズ・ナイト氏は27歳のコンピューターコーダーとしては、
ちょっと普通ではあり得ない転職を最近果たした。高給の米グーグルを辞めてフリーランスになったのだ。
これで眺望抜群のマンハッタンのオフィスで会社が注文してくれたランチを食べることも、最高の福利厚生を受けることもなくなった。
同氏はこのような犠牲を払っても全然構わない。何しろ、フリーランスになってからの
報酬がグーグル勤務時の約2倍になったからだ。さらに自由度も増した。3月には夫婦でスペインに旅行し、欧州をあちこちまわる予定だ。その合間にデートアプリや自己紹介のためのアプリなどを作成するコードを書けばいい。

「会社が提供する休憩スペースや食べ物はあきらめても、自分の人生を自分でコントロールしてリスクを負いたい」とナイト氏は話した。
テクノロジー業界では有能なコーダーは引く手あまたで、大手から新興企業まで時給1000ドル(11万7800円)
という高給を支払うと関係者は話す。企業側は優秀な人材を依然として採用するものの、滞ったプロジェクトの打開や競争力を得る目的で、フリーのソフト開発者に目を向ける。
誰に仕事を頼むかで製品の成否が決まる場合もある。
昨年の春、アーロン・ルービン氏はコンピュータークラウドをベースとする
物流事業の新会社シップヒーローを立ち上げるため、人材あっせんのトップタルを通じてフリーランスのコーダーを雇い約4週間働いてもらった。「ニューヨークで才能ある人材を3日で探すのは不可能に近かった。自分が知っている
才能あるエンジニアは誰もが就職済みだ」と話した。
ナイト氏のようなフリーのソフト開発者は、いわゆる「ギグ・エコノミー」におけるエリート集団だ。
米労働統計局(BLS)によれば、今や労働者の3人に1人がフリーランスで、その人数は5300万人に達している。
コーダー需要は携帯端末アプリの爆発的増加をもたらした2007年の「iPhone(アイフォーン)」登場以降、雪だるま式に増えている。その後、ソフトは冷蔵庫から腕時計、アパレルなどあらゆる分野に浸透し、その基礎となるコードの記述者はますます必要になっている。BLSによれば、ソフト開発者の需要は14年から24年の間に17%増える見込みだが、これは人材需要の平均伸び率の倍以上。20年までに米国では、コンピューターサイエンス専攻の学生を100万人上回る情報技術(IT)関連の職があるだろうとBLSは見積もっている。
実際、エンジニアを獲得する目的で会社全体を買い取る大企業も現れた。エンジニア採用を専門とする人事担当者を置く企業は多いが、適切な人材を見つけるには金も時間もかかりがち。
このため、企業はフリーの優秀なコーダーが登録する人材ネットワークに注目する。
例えばトップタルだ。5年前に抱えていたプログラマーは25人と、顧客とほぼ同数でしかなかったが、現在では何千人というコーダーを代表するネットワークとなり、ファイザーやJPモルガンを含めて顧客数は2000を超える。トップタルのライバルに当たる10xマネジメントは過去3年でコーダーと契約する企業の平均予算は倍になったと指摘した。

続きを見る


1: 海江田三郎 ★ 2016/01/01(金) 12:05:11.83 ID:CAP_USER.net

OOK3S0420140125180412-thumb-815xauto-18264.jpg


http://president.jp/articles/-/16918会社に尽くすアメリカ人、会社に居座る日本人

海外では、日本人=勤勉であると考えられていると日本人は思っているかもしれないが、実はそうではない。残念ながら、「日本人はモチベーションが低く、労働生産性も他の先進国と比べると低い」
というのが世界では知られつつある現実である。

「終身雇用や年功序列、頻繁な人事異動に表れる人事管理への伝統的な日本式アプローチは高度成長期の日本では機能していました。しかし、変化が激しいこの時代では機能しなくなってきました。今こそ変革が必要です」

こう語るロッシェル・カップ氏は、現在シリコンバレー在住の経営コンサルタント。職場における異文化コミュニケーションと人事管理を専門としている。ジャパン・インターカルチュラル・コンサルティング社を設立し、現在、北米、日本、ヨーロッパ、南米と中国に拠点を置いて、日本の多国籍企業の海外進出や海外企業の日本拠点をサポートしている。

日本と欧米の両方の企業文化を長く見てきたカップ氏は、日本の現状を憂い、将来を案じて
『日本企業の社員は、なぜこんなにもモチベーションが低いのか?』を上梓し警鐘を鳴らした。

日米の企業の根本的な違いとは何か、人材を最大限活用していくにはどうすべきか、カップ氏に聞いた。


まず、日米企業の根本的な違いは、流動性のあるアメリカの労働市場に対し、日本は人材が社内にとどまり、流動性が低いこと。これが、企業での働き方にも大きく違いを生みます。
日本で終身雇用が保障されていた時代は、社内の人材を生かし、知識やスキルを蓄積していく方法はうまく機能しました。しかし、どんなに大手でも永続的に安泰ではなくなった今、社外に通用するスキルを身につけていることは日本でも必須となっています。

ここで私が提唱するのは、企業側が社員に提供する保障の変革です。「雇用の保障」から「雇用適性(エンプロイアビリティ)の保障」
へと移行する必要があるのです。
エンプロイアビリティというのはemploy(雇用する)とability(能力)を合成した「雇用されうるだけの能力」という意味。
ハーバード大学大学院経営学研究科教授で経営理論を専門とするロザベス・カンター氏が、1980年代末期にアメリカの職場に関して作った表現です。その時期はアメリカ企業が経済と技術の急激な変化に伴い、安定した雇用の保障ができずに、リストラが必要となったときです。今の日本の状況と似ています。
エンプロイアビリティについて考えてこなかったのは労働者が悪いのではなく、会社の責任です。
日本の会社は1社にできるだけ長く勤めるような環境をつくることに力を入れてきました。
しかし、世の中がここまで激しく変化すると、エンプロイアビリティが持てるような会社こそ、人々が働きたいと思える会社であるべきなのです。

そのためにできることの1つを例に挙げると、人事異動の方法を変えること。頻繁に部署を異動させ、専門をコロコロ変えさせてジェネラリストを育てるのではなく、その社員の一番よい面を引き出せる環境を育むことが重要なのです。
アメリカのように雇用の流動化が激しい文化においても、社員がとどまりたいと思う職場環境を提供することや、社員の能力開発に長期計画を作成することは、成功を収めている企業の特徴となっています。

さらに、企業が社員の力を最大限引き出そうとするとき、社員の「エンゲージメント」に目を向ける必要がありま

エンゲージメントとは、企業や仕事に対する関与の度合いを示します。そのとき重要なのは、仕事に対して社員が感じている情熱というレベルまで深掘りして評価することです。簡単に言えば、エンゲージメントが高い社員は、仕事に対するやる気が非常に高いということになります。

続きを見る


1: 海江田三郎 ★ 2015/12/20(日) 11:09:24.50 ID:CAP_USER.net

寿司.jpg


http://allabout.co.jp/gm/gc/460736/

ホリエモンこと 寿司職人の修行に必要な年数や期間はあるのか?寿司職人の修行に最低限必要な年数や期間というのはあるのだろうか?堀江貴文氏の“寿司職人が何年も修行するのはバカ”発言について、今回は回転寿司評論家の筆者が解説しよう。まず断っておくが、寿司職人が何年修行したところでバカではない。彼のことだから端から炎上を狙っての発言だろうが……。

そんなわけで、「寿司職人が何年も修行をするのは必要か否か」と聞かれたら、残念ながら「必要ではない」と言わざるを得ない。なぜならば、寿司職人になるには難しい実技試験をパスして資格を取る必要がなく、脱サラをしていきなり寿司屋をはじめたところで、なに一つ問題ないからである。では、なぜ修行をするのかというと、これは寿司だけでなく料理業界全般にいえることでもあるが、店が学校の役割をしているからにすぎない。たとえば、寿司職人になりたいと思ったとしても、それが超名門「すきやばし次郎」に入りたいのか、大衆寿司店なのか、はたまた定員割れで慢性的人員不足の回転寿司の職人なのか、あるいは学校などに入らず独学で修行するのか、選択肢は限りなくあるわけだ。
日本一を目指し、銀座の超名門寿司店で修行をすると決意を固めた者だけが、それこそ「飯炊き3年握り8年」の長い修行に身を投じるわけで、それを「バカ」と斬って捨てるのは考えが浅すぎ。彼いわく「イケてる寿司屋はセンスが大事」とのことだが、この発言に関しては堀江氏のセンスがなさ過ぎただけである。

例えれば銀座の名門寿司店は歌舞伎や狂言のような伝統芸能の世界であり、大衆寿司や回転寿司が大衆演劇の世界に近い。伝統芸能の世界では修行無くして一流とは認められず、大衆演劇の世界には必ずしも修行は必要がなく、それこそ、センスでどうにでもなる。同じ寿司であっても目指す頂がまったく違うのであるから、比較すること自体がナンセンスなのだ。
よって、正しくは「寿司職人になること自体に修行は必要ないが、敢えて険しい修行に身を投じる覚悟を決めている職人もいる」
でいいんじゃないかと思うわけである。

数か月で独り立ちした職人の寿司はうまいのか?
では、「数か月で独り立ちした職人の寿司はうまいのか?」について考えてみたいと思う。
そもそも寿司の好みというのは、異性の好み同様、それこそ千差万別ではないかと思う。
100円回転寿司のシャリでも好みが別れるように、それこそ立ち寿司店のシャリともなるとまったくといっていいほど
個性が違ってくる。さらに握り具合やネタの切りつけなど様々な好みがあるため、
そこそこのセンスのある職人が握った寿司であればうまいと感じる人はきっといることだろう。
「飲食人大学」や「すしアカデミー」など短期で寿司職人を養成する学校が注目されているように、
もはや「寿司は長い修行をして会得するもの」という考え自体は古くなってしまい、
修行をしなくても職人への道は開けている。数か月の勉強で会得できる寿司の技術もあれば、
接客術もあるとは思うし、それを気に入ってくれる客がいれば、寿司職人として立派に独り立ちしたといっても差し支え無い……のだと思う。

ただ、おそらく日本一寿司を食べていると自負する私としては、寿司ってどこまでいっても職人の魅力を味わうものだ、と感じている。私も何度か本当に感動する寿司に出会えたことがあるが、その時に感じたのはその寿司を作り出した職人に対するリスペクトであった。ひとつの道を極めようとしている者だけが持つことが許されるオーラとでも言うのだろうか。
ただ、三か月で寿司のいろはを習得した職人だって、握り続けていれば自分なりの寿司の世界観がはっきりと見えてくるだろうし、人を感動させる寿司を握ることも可能であろう。厳しい修行に敢えて挑む者、実戦で己の鮨道を磨く者、どちらが偉くてどちらがダメだということは決してない。

続きを見る


1: 海江田三郎 ★ 2015/12/22(火) 09:56:26.82 ID:CAP_USER.net

OOK3S0420140125180412-thumb-1000xauto-18264.jpg


https://news.careerconnection.jp/?p=19412
12月18日に日本生産性本部が「日本生産性の動向 2015年版」を発表した。それによると、2014年度の物価変動を加味した実質労働生産性上昇率はマイナス1.6%。5年ぶりのマイナス成長となっており、前年度からは2.8ポイント低下している。

そして、この数字をOECD加盟国と比較したところ、日本は34カ国中21位だった。主要先進7カ国では最も低い水準だ。日本の労働生産性は就業1時間あたり41.3ドルで、先進国トップのアメリカ(66.3ドル)より25ドルも低くなっている。

ただ長時間働いているだけで「勤勉」と言えるのか
日本の労働生産性の低さは以前から知られたことではあるが、産経新聞が、この結果を受け、都内で会見した日本生産性本部の茂木友三郎会長のコメントを紹介している。

「日本は勤勉な国で、生産性が高いはずと考えられるが、残念な結果だ」
「労働人口が減少する日本が国内総生産600兆円を達成させるためにも、生産性の向上が必要で、特にサービス産業の改善が求められる」
労働政策研究・研修機構のデータを参照すると、日本の平均年間実労働時間(2013年)は1735時間で、先進国中だとアメリカ(1795時間)、イタリア(1752時間)に次いで3位。しかし、長時間労働者の割合を見てみると、21.6%とトップになっている。2位のアメリカは16.4%なのでダントツだ。たしかに、日本人が一生懸命働いていることは間違いなく、見方によっては勤勉性が高いといえる。
だが、勤勉性と生産性は比例するのだろか。このコメントに対して、ネットからは疑問の声が寄せられている。そもそも日本は単に労働時間が長いだけで、効率が悪いというのだ。その理由として無駄な残業や会議手書き文化が未だ強いことなどがあがっている。

「だらだら仕事してボンヤリ残業するのが美徳とされてる国が生産性いいはずがない」
「今だに履歴書手書きとかいってる段階で生産性悪いの当然」
「稟議書(笑)打ち合わせ(笑)持ち帰って検討(笑)タイムカード(笑)」

サービス産業は「頑張れば頑張るほど生産性が下がる」という指摘も

他に、「また根性論かよ。頑張れば効率性あげると思ってんの?」という声もあがっていた。日本企業では、短い時間で成果を出した人にさらに業務を押し付けてくる可能性もあるため、
「だって、真面目に頑張るほど、馬鹿見るし損するんだもん」と訴える人もいた。
労働政策研究・研修機構の主席統括研究員の濱口桂一郎氏も、産経新聞の記事を受けて「勤勉にサービスしすぎるから生産性が低いのだよ!日本人は」というブログを19日に更新している。
茂木会長は「特にサービス産業の改善が求められる」と語っていたが、濱口氏は「(サービス産業は)頑張れば頑張るほど生産性が下がる一方」と指摘。サービス産業の生産性は製造業のように物的生産性がないため、そのサービスがいくらで売れたかによって決まる。

サービス産業が生産性をあげるためには、「もっと少ないサービス労務投入量に対して、もっと高額の料金を頂くようにするしかありません」
という。そのため、茂木会長が出したコメントについては、

「日本生産性本部のトップともあろうお方が、こんな認識であったのか、といういささかの絶望感でありました」

と落胆した様子を見せている。
ちきりん「生産性が高いというのは、頑張ってないのに成果物の価値が高いこと」
濱口氏のブログ記事には、はてなブックマークで多くのコメントが付き、「言いたいことを全部言ってくれた感。
安く労働させて安く売ってたら付加価値の生産性上がるわけないよね」など賛同の声が寄せられている。
ちなみに、労働生産性に関しては、社会派ブロガーのちきりん氏(@InsideCHIKIRIN)が、2015年の5月に、興味深い内容を投稿している。

「生産性低いですよね?」と指摘すると多くの人が「一生懸命やってる」「毎日遅くまで働いてる」とか答えるが、
そうした人はそもそも「生産性」の概念を分かっていないという。
「『生産性が高い』というのは、『頑張っている』ということではなく、『頑張ってないのに、成果物の価値が高い』ってことだと、理解できてないらしい」
やはり、生産性を高めるためには「勤勉性」や「頑張り」といった精神論的なアプローチではダメということだろう。

続きを見る


1: イス攻撃(長野県)@\(^o^)/ 2015/12/19(土) 23:14:58.70 ID:Px0vkcgo0.net BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典

料理.jpg


sssp://img.2ch.net/premium/8114876.gif
共働きやひとり親家庭の小学生を放課後に校内や児童館などで預かる放課後児童クラブ(学童保育)を、定員超過などで利用できなかった「待機児童」は5月1日時点で1万6941人に上り、前年より6996人増えたことが18日、厚生労働省の調査で分かった。

 働く女性が増え、希望者が増加。利用対象者はこれまで原則10歳未満の小学生だったが、4月から小学生全体に広がったことも待機児童増につながった。政府は、施設整備などを進めて2019年度までに学童保育の待機児童を解消するとしているが、実現は容易ではなさそうだ。

 利用登録した児童数は8万8183人増の102万4635人で、初めて100万人を超えた。一方、施設数も524カ所増の2万2608カ所と過去最多だったが、需要には追い付かなかった。

学童保育の待機は1万7千人 働く女性増え施設足りず
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=146530

続きを見る


1: エメラルドフロウジョン(秋田県)@\(^o^)/ 2015/12/01(火) 17:32:41.48 ID:pHoFqW3G0●.net BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典




sssp://img.2ch.sc/ico/nida.gif
企業の人事担当者に「どういう学生が欲しいか」と尋ねれば、「自分で考え積極的に新しいことを提案できる人」、「失敗を恐れずチャンレンジ精神が旺盛な人」という答えが返ってくるはずだ。紋切り型と言えばそうだろうが、いつの時代でも企業はこういう若者を求めている。

 では実際の若者は、こうしたクリエーティブな資質やチャレンジ精神をどれだけ持っているのだろうか。2010~14年に各国の研究者が実施した『世界価値観調査』では、「新しいアイディアを思いつき、クリエーティブであることを大切にしている」と「冒険してリスクを冒すこと、刺激のある生活を大切にしている」という項目について、自分が当てはまるかどうかを聞いている。<図1>は、日本とアメリカの20代の回答をグラフにしたものだ。

http://www.newsweekjapan.jp/stories/business/2015/12/20-7.php
http://www.newsweekjapan.jp/stories/2015/12/01/maita151201-chart01.jpg

続きを見る


1: ちゃとら ★ 投稿日:2015/11/10(火) 21:24:53.83

印鑑.jpg


 いまどきの「ビジネスマナー感覚」を探るべく、35歳~45歳の会社員300人にアンケートを行ったところ、その中で目立っていたのが、金融業界におけるマナーの厳しさ。

「支店内のゴルフ大会へ支店長を車で送迎するのは部下としての“マナー”。 無論、その実態はただのゴマスリだが、上司の評価が昇進に直結する職場なので仕方ない。 前日に飲み会があったせいで自分が使い物にならず、奥さんを朝の4時にたたき起こして運転させた同僚もいた」(38歳・銀行)

 そんな業界を象徴するようなマナーが「印鑑の斜め押し」だ。
上司に承認をもらう書類では、上司の印鑑の枠におじぎをするような角度で斜めに押印することで敬意を表するんだとか……。 このローカル慣習については複数の報告が寄せられたが、金融業界とは関係のない業界に転職した人が新しい職場でも「斜め押し」をやって、逆に「まっすぐ押せ」と注意を受けたという例も……。

 一方「毎月2回(!)人事異動がある」という某企業では、ヤル気アピールとしての休日出勤が横行した結果、 「休日でも会社に“顔を出す”のが一種のマナーとして根づいてしまった」(35歳・流通)とか。 フルタイムではない分、休日も働かされるというブラック感は希薄だが、顔を出すだけでも面倒なのは間違いない。

 全体としての傾向を見ると、例えば「上司より先に退社する」のは84%の人が「OK」と答えているので、上で挙げたような企業は相当に“時代錯誤”の部類に入るのだろう。 だが、そのぶん「出世のための手段が明快」とも言えるわけで、実力主義に疲れた人にとっては、ある意味うらやましい職場なのではないだろうか……。

http://nikkan-spa.jp/976872

続きを見る

人気記事

アクセスランキング