カテゴリ

カテゴリ:【旧カテゴリ】通勤・通学

【鉄道】京王電鉄 2018年春 新宿~八王子・橋本で座席指定列車運行

カテゴリ:
1: 海江田三郎 ★ 2016/03/16(水) 17:21:08.93 ID:CAP_USER.net

cfd41108.jpg



http://www.sankei.com/economy/news/160316/ecn1603160056-n1.html

 京王電鉄は16日、2018年春に新型車両を使った座席指定列車の運転を始めると発表した。
夜間の時間帯に、新宿駅発京王八王子行き、橋本行きで運行する計画。利用客の着席志向の高まりに応える。

 新型車両「5000系」は、朝や昼間の時間帯には、車両の長手方向に並んで座る6人がけのロングシートとして運用するが、
夜間の座席指定列車として走らせるときには2人がけのクロスシートに転換させる。約100億円を投じて、
1編成10両で5編成分新造する。指定席券の販売方法や料金、列車名などは今後検討する。

 首都圏の鉄道各社では、JR東日本が2020年度に、京王線と並行する中央線快速列車にグリーン車を連結する計画がある。
私鉄では東武鉄道や西武鉄道、京成電鉄、小田急電鉄、京浜急行電鉄で夕方の時間帯に座席指定の特急列車を運転している。

【社会】行ってらっしゃいのキスするカップル しない人より収入25%高い

カテゴリ:
1: 北村ゆきひろ ★ 投稿日:2015/11/10(火) 00:06:46.97

a0c504ca.jpg



アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎の患者、数十人に、恋人や配偶者と30分間キスをしてもらった結果、ダニやスギ花粉に対する皮膚のアレルギー反応が、キスをする前に比べて減弱することがわかった。この研究を行ったアレルギー科の医師・木俣肇さんが今年9月、ユーモアあふれる科学研究などに贈られる「イグ・ノーベル賞」を受賞し、話題となった。

 また、カナダのウィルフレッド・ローリエ大学研究者、アーサー・サズボさんは、“行ってらっしゃいのキス”をしてから家を出るカップルのほうが、そうでないカップルに比べて欠勤率が低く、交通事故に遭う確率も低いこと、さらに、収入が25%高く、寿命も平均5年長くなることなどを発表。チュー目せずにはいられないのだ。

 一体なぜ、これほどの効能があるのだろうか。

「キスをすると、オキシトシンやβエンドルフィン、エストロゲンといったホルモンが多く分泌されることが報告されています」

 とは、自治医科大学教授の矢田俊彦さん。オキシトシンとは、母乳分泌や子宮を収縮させ、分娩を促すホルモンとして知られているが、最近の研究では、信頼感や愛情を高める効果もあることがわかってきた。

「オキシトシンが多く分泌されると、信頼や絆が生まれやすく、人間関係がうまくいくようになります。ストレスの主な原因は人間関係といわれていますから、キスは、ストレスを和らげ、リラックスさせるのに効果的なんです」(矢田さん)

 夫についていえば、会社の人間関係がよくなれば、欠勤率は低くなり、上司の覚えがよくなれば収入も上がる。もちろん夫婦ともにストレスが減れば健康を維持しやすくなり、免疫力もアップ。長生きが期待できるというわけである。さらに、女性にはこんなうれしい効果も。

「ハーバード大学の研究で、オキシトシンが増加すると、体脂肪の燃焼が促進されることがわかりました。また、過剰な食欲が抑制されることが、私たちとアメリカの研究で判明しました。これらの作用によって、肥満が改善します」(矢田さん)

 つまり、キスでダイエット効果も期待できるのだ。

「オキシトシンと一緒に分泌量が増えるホルモン、βエンドルフィンは、脳をリラックスさせて、イライラを鎮める作用があります。さらに、女性ホルモンの代表格とされるエストロゲンは、美肌や美髪を保ってくれます。キスによって分泌されるホルモンのおかげで、若々しさを維持できるのです」(矢田さん)

 ダイエットから収入アップ、長生きまで…。パートナーがいれば、いつでも気軽にできるのだから、最高&最安値の美容・健康法だろう。これはもう恥ずかしがってはいられない。今夜から早速…。いかがだろうか?

http://www.news-postseven.com/archives/20151109_362592.html

おまえらって、通勤時間どんぐらいなの?

カテゴリ:
1: レッドインク(徳島県)@\(^o^)/ 2015/02/12(木) 07:17:27.89 ID:Lq+qeZrF0.net BE:844761558-PLT(13051) ポイント特典

439d75f9.jpg



sssp://img.2ch.sc/ico/syobo.gif
[6日 ロイター] - 毎日32キロの通勤を10年間徒歩で行っている米デトロイトの工場従業員、ジェームズ・ロバートソンさん(56)に、地元の自動車販売店からピカピカの新車が贈られた。

ロバートソンさんは、10年前に車が故障したが、時給10.55ドルの収入では車を購入できず徒歩通勤を続け、無欠勤となっている。

このことが地元紙で取り上げられ、ソーシャルメディアや全米規模のニュースでも話題となり、ある大学生がネットで募金を募ったところ世界中から31万ドル以上の寄付が集まっていた。今回贈られた車は2015年モデルのフォード「トーラス」。ロバートソンさんは「(この車を)好きどころか、愛している。いまの姿を両親に見せたかった」と語った。

http://news.livedoor.com/article/detail/9766929/

このページのトップヘ

見出し画像
×