カテゴリ

カテゴリ:【旧カテゴリ】日本・日本人

グローバルでダイバーシティ推進の大企業に就職した結果www

カテゴリ:
1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/15(水)21:33:03 ID:fXm

976bea16.jpg



外国人→楽な仕事のみ、基本定時退社、残業代フル
女性→滅多に叱られない、残業1時間程、フル残業代
男→激務、罵詈雑言パワハラ、サービス残業60時間以上

外国人「給料低い、人間関係悪い、母国帰って転職する」
女性「爺のセクハラうざっ、育休終わったらサヨナラ」
男「死にたい...鬱になりたい...」

商社、平均年収650万、離職率2.5割
もう嫌だわ...

坂上忍・梅沢富美男「マニュアル通りの対応しかできない若いコンビニバイト、許せない」 「客を舐めてる」 「アホな若者が増えた」

カテゴリ:
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 投稿日:2016/04/22(金) 01:38:09.00 ID:L/cOWKWkM.n

66d55fa7.jpg



20日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、坂上忍と梅沢富美男が、マニュアル通りの対応をする店員への怒りをぶちまける一幕があった。

番組では、人間関係をテーマに、出演者が賛成と反対に分かれて討論した。その中で、梅沢が「マニュアル通りの接客なんて許せない」と主張したテーマを取り上げた。

番組VTRで梅沢は、コンビニでタバコを購入する際に年齢確認のボタンを押すことに苦言を呈する。梅沢は「見れば分かるだろう」「俺が19(歳)に見えるか?」と声を荒らげていた。

また、梅沢はマネージャーと2人でファーストフード店に入店し、差し入れ用にハンバーガー40個を注文したそう。その際、若い女性の店員が、店内で食べるか、持ち帰るかを確認したとか。梅沢は「状況判断できないのか」と激怒し「今ここですぐ金払うから食ってみろ」「食えるもんなら食ってみろ!」とまくし立てたという。

スタジオで、梅沢は「お客様に不愉快な思いをさせないためのマニュアルなんだよ」「使い方によっちゃ不愉快になっちゃうんだよ!」と持論を展開した。マニュアル通りの接客は「許せない」という坂上も、ファミリーレストランで注文を繰り返し確認する作業を断るそう。坂上は「あの時間でさえ無駄」とバッサリ。

そんな坂上は「マニュアルって接客のあくまでも入り口」「そっから自分がどう膨らませていくかっていうのが、先輩も含めて育てる作業。自分も自立で育つ作業」と論じる。
坂上は「ずっとマニュアルのことしかできないガキが多い」と声を荒らげた。

一方で、おぎやはぎ・小木博明は、サービスの質を一定に保つためにもマニュアルは必要だと主張する。小木に同意し、森泉は「マニュアルがないとアメリカみたいになっちゃうよ」と警鐘を鳴らしたが、坂上は「ならないならない。だって日本人だもん」と森の意見を一刀両断した。

なお、視聴者の投票では、マニュアル接客に許せない人は57%で、許せる人は43%だった。
http://www.yahoo.co.jp/

【社会】なんとなく分かってた 日本、「自分の働く会社を信頼しているか」というアンケートで最下位となる

カテゴリ:
1: ひろし ★ 2016/02/09(火) 21:41:56.86 ID:CAP_USER*.net

7b22becf.jpg



 日本人は「自分の働いている会社を信頼していない」という調査結果が、アメリカの独立系PR会社「エデルマン」の日本法人「エデルマン・ジャパン」から発表されました。

 同調査は28カ国3万3000人以上を対象に、2015年10月13日から11月16日にかけて実施されたもの。
「あなたがお勤めの会社および同じ業界に属する他の企業を、正しい行いをするという点において、
あなたがどの程度信頼しているか」というアンケートを取ったところ、日本人で「自分が働いている企業を信頼している」と答えた人は全回答者中40%で、調査国中最下位となりました。

 一方、世界各国から日本企業への信頼度は28カ国中7位と2012年からほぼ変わらず。世界からの信頼は維持している一方で、自国の社員からは信頼を得られていないという結果に。

 経営者に対して求められる資質も、北米や欧州では「正直である」ことが最重要視されているのに対し、日本では「決断力がある」が1位、「正直である」は5位という結果に。

 また、同調査では日本は将来へ抱く展望が悲観的な「悲観大国」であることも明らかになりました。
同調査において、日本人で「自分と家族の経済的な見通しについて、5年後の状況が良くなっている」と回答した人は知識層19%、
一般層15%。これもグローバル平均の知識層55%、一般層47%を大きく下回り、最下位となっています。

 今回の調査結果について、エデルマン・ジャパンのロス・ローブリー代表取締役社長は、「日本社会の不信感が根深いことを示しています」とコメント。
「終身雇用制度が育(はぐく)むと想定されていた愛社精神や、長時間残業を厭わず献身的に働くライフスタイルからは、想像できない結果」とし、経営者への警鐘だとまとめています。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160209-00000046-it_nlab-sci

このページのトップヘ

見出し画像
×