カテゴリ

カテゴリ:【旧カテゴリ】公務員

【仕事】大学生の就職したい仕事は「地方公務員」という絶望

カテゴリ:
1: 海江田三郎 ★ 投稿日:2016/03/14(月) 12:44:07.14 ID:CAP

8aa17d32.jpg



http://president.jp/articles/-/17550

「働かない公務員」は本当か?
大学1、2年生に聞いた「就職したいと思う企業・業種ランキング」アンケート調査で、地方公務員が堂々の1位に輝いていた
(マイナビニュース、2015年9月29日)。また、会社員が「転職してみたいと思う公務員TOP10」でも、
地方公務員が他を大きく引き離し1位(R25、2016年2月19日)と、地方公務員人気は極めて高い。
「安定している」「転勤がない」「ラクそうだから」……。大学生や若いサラリーマンたちからすれば、
そう見える部分もあるだろう。大企業もあっけなく倒産したり、買収されたりする時代。自分たちの将来に不安を持っていれば、
なおさらだ。しかし、本当に地方公務員の仕事を理解しているのか。ちょっと懐疑的になる人気度である。

本書は、現役地方公務員のこれまでの奮闘記である。佐賀県庁職員である筆者は
、「現場主義」を掲げ、寝る間も惜しんで救急医療改革を手掛けてきた人だ。その筆者が序章で、
冒頭で記した「就職したい企業・業種ランキング」第1位になったことに危機感を感じているという。なぜか。
<安定志向のイメージが独り歩きして、競争しなくてもいい、成果に追われずクビにならない職業として
公務員人気が高まっているとしたら、それは本末転倒だろうし、厳しい言い方をすればそんな職業は近い将来、
社会から必要とされなくなってしまうだろう>
確かに、その通り。勘違いしている人がたくさんいて、そういう輩に限って、公務員試験に受かってしまい、
住民にとっては迷惑千万な怠慢職員となっている。そんななか、筆者は「公のための挑戦」をする仕事だと言い切る。
本書は、それを身を持って実行してきた記録なのである。

「はみだし公務員」が楽しい仕事を創造
筆者が入庁後、最初に配属されたのは土木事務所の用地課だった。地権者相手に公共用地確保のため、
買収交渉などを行うセクションだ。最初の仕事でスーツ姿で農家に挨拶に行ったら
「お前、そがんキレイな格好ばしておいの土地ばちゃんと見てきたとか?」と怒られた。
健康福祉本部医務課に異動して数日後、佐賀広域消防局に出向き、救急医療の現場を直に知るため、
「救急車に乗せてほしい」と申し出たときは、「なんば考えとっとね、君は! バカじゃなかね」と怒鳴られた。
そう、本書は筆者の失敗の記録といってもいい。いや、さまざまな経験を積み重ね、
その教訓を生かして成功の方策を模索しながら構築していくようすを具体的につづりながら、
筆者は佐賀県の救急医療の現場で、救急車にiPadを導入して救急搬送の時間短縮化を推進したり、
ドクターヘリの配備などを次々と実現していっている。
公務員の世界では、“希少種”といっていい存在なのかもしれない。だからこそ、自ら「はみだし公務員」
と名乗っているのである。しかし、多くの公務員に希望の光を見せるとともに、
この書は民間で働くサラリーマンの人たちにとってもうなづきや気づきを与えてくれるだろう。
失敗から学び、目的へのベクトルを繋いでいく。それは公務員でも民間企業でも同じことだからだ。
チャレンジなくして、仕事の達成感、面白みは味わえない。仕事とは、そういうものだからだ。
つまりこの本は、いま多くの人たちが「守りの仕事」で自分の仕事の可能性を狭めているなかで、
本当に楽しい仕事を自ら創造するためには何が必要なのか、いわば“ポジティブ・シンキングの指南書”だと言えるだろう。

ワイが4年間市役所で勤めてる間に起きた事で打線組んだwww

カテゴリ:
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/15(火) 12:40:28.05 ID:LA+sC1pd0.net

962fb4d8.jpg



1(右)モテると聞いてたのに1人も彼女出来ず
2(中)初めの先輩がアスペでいきなり休職
3(一)ワイ、ハゲ始める(クリニックで治療も意味なし)
4(左)最近同期がパワハラで自殺(もみ消されてる)
5(三)1年目から毎日10時帰り(残業代なし)
6(二)街コンで「公務員でもアレじゃね(笑)」という声を聞いてしまう
7(遊)職場主催の障害者のイベントの動員に行ったら障害者と間違えられる
8(捕)同期が有名人の住基見て処分される
9(投)一昨日で仕事を辞めた

【ブラック】学校教員、過酷過ぎる部活顧問労働…百日連続勤務、休みは1年に7日、残業代なし

カテゴリ:
1: 海江田三郎 ★ 2016/03/05(土) 09:37:54.52 ID:CAP_USER.net

f0624c02.jpg



http://biz-journal.jp/2016/03/post_14074.html

長時間労働に長時間残業、それなのにもかかわらず、賃金額はほぼ一定。時給換算してみたら最低賃金以下だった――。
このような、いわゆる「ブラック労働」の問題を、最近よく耳にする。
 このブラック労働は、飲食や小売りなどのサービス業に多く見られるが、最近クローズアップされているのは公立学校の教員だ。
通常の授業など、教員としての職務に加え、当然のように部活の顧問を担当させられることが、特に問題視されている。
しかも、休日に部活指導に従事しても、手当は微々たるもの。顧問となった教員自身の部活経験がなくても顧問を担当させられる。
 部活顧問をしている影響で、本来の教員としての職務にも支障を来す上、プライベートも浸食されてしまっているという。なかには100日連続勤務や1年で7日間しか休みがなかったという教員もいる。そんな公立学校の教員職はブラック労働の典型例ともいわれており、現在インターネット上で「教師に部活の顧問をする・しないの選択権をください」という署名活動まで行われているのだ。
 そもそも学校の教員が部活の顧問を担当することは、教員としての職務の範囲内なのだろうか。労働問題に詳しい浅野英之弁護士は、次のように話す。
「現在、ほとんどの公立学校において、教員が部活の顧問を担当することが事実上当然とされている状況です。このような状況からすると、部活の顧問を担当することが採用以前から予想できた場合には、部活顧問業務も教員としての職務の範囲内といえるでしょう。
とはいえ、学校と教員との間で労働条件の争いとならないよう、学校側としては教員の採用段階で、どの程度の部活顧問業務があるのかを事前に説明しておくべきだと考えられます」(浅野弁護士)
 そうだとすると、採用段階で、たとえ教員が部活の顧問を担当したくないと思っていても、採用面接の際に学校からの説明さえあれば、部活の顧問を担当することが当然に教員としての職務の範囲内に含まれてしまうのだろうか。

「どうしても部活の顧問をやりたくない人が、採用面接の際にその旨を学校側に伝え、学校側もそれを了承した上で学校側から部活の顧問を行わない教員として採用されていたという例外的な場合であれば、部活の顧問はその教員の職務の範囲外となります」(同)
 とはいえ、こうした特殊なケースが認められる教員はほとんどいないのが実情だろう。部活の顧問を担当することが職務の範囲内であり、学校が教員に対して業務命令として部活の顧問を担当させることはできる場合が多そうだ。

このページのトップヘ

見出し画像
×